SpeakBUDDY
TOP-News-【調査レポート】英会話学習者の9割に挫折経験あり。その理由から考察する「これからの英会話」とは

Newsお知らせ

プレスリリース

【調査レポート】英会話学習者の9割に挫折経験あり。その理由から考察する「これからの英会話」とは

AI英会話アプリ「スピークバディ」の開発・運営を行う株式会社スピークバディ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:立石剛史、以下「当社」)は、英会話学習経験のある男女554名に英会話学習に関する調査(以下「本調査」)を実施しました。

英会話学習者の課題や学習ツールの変化を確認する目的で行った本調査では、過去に英会話サービスに課金したことのある人の9割以上が途中で挫折・中断してしまっていたことが判明。その理由を明らかにするとともに、近年多様化している様々な会話学習ツールに対する認知・意向を聞きました。


•調査結果サマリー

・過去に英会話学習サービスに課金した人の92%が中断・挫折している。
・その理由の上位には「オンラインへの気疲れ」「講師の質のばらつき」「予約の面倒さ」が挙げられた。
 理由の傾向は、経験したことのある学習方法により異なった。
・近年、英会話学習ツールの多様化が進んでいるが、「AIで英会話学習できるサービス」があることを「知っている」もしくは「使っている」学習者は3分の1程度にとどまり、まだ浸透しているとは言い難い結果となった。
・しかし、英会話上級者では約半数が「知っている」もしくは「使ったことがある」と回答した。
・今後の英会話学習相手として「ネイティブ発音のAI」は「ネイティブ講師」に次いで2位となり、「日本人講師」「非ネイティブの講師」を上回った。

詳しくはこちらよりご覧ください。